お金を貯めたい場合のクレジットカードの利用法。

お金を貯めたいと思った場合に、まず初めに行うことは、出来るだけクレジットカードを使用することを止めることです。これは何故かというと、確かに現金が手元になくても買い物が出来、ポイントが貯まったりするなど便利なカードなのですが、今支払わなくてよいだけであって、必ず後から支払うことが決まっているからです。つまり、支払いを先延ばしにしているだけなので、あまり貯金には向いていません。どちらかといえば、その時に現金で支払ってしまうほうが、今、自分がどれだけの支出があるのかを肌で感じることが出来、それによって買うものを制限したり、自分で自分の支出をコントロールできるようになり、結果的にお金を貯めることにつながってくるからです。とりわけ、最近では電子化が進んだこともあり、明細は自分から進んでWEBを利用して確認しなければいけなくなりました。依って、紙で毎月明細が郵送されてきたときには支出をある程度把握していたけれど、面倒だからWEBでアクセスしてまで確認していないというかたも多いことでしょう。お金を貯めるには、まず、自分の支出を目に見えない形から目に見える形にしてお金を使うことが重要です。

少額でもクレジットカード決済を

クレジットカードは支払っている金額がわからないので、現金派だという人もいます。ですが、その逆で少額でもカード決済をするのがおすすめです。その理由は、現金だとポイントがつかないから。クレジットカードだと、わずか200円程度で1ポイントがつくことがあります。そして1ポイントを次の会計時に1円として使うことができます。少額をカードで支払うと手間だと感じるかもしれませんが、決済も少額だとサインが不要になったりして時間もそこまでかかりません。利用しやすいのがコンビニやスーパーなどでのクレジット決済で、これらだとあっという間に決済が完了します。セルフレジだとカードを入れて、支払でクレジットを選んで決定ボタンを押せばいいだけで小銭を取り出すより時短で済むことがあります。ポイントも塵も積もれば山となるので気持ちで貯めて利用しています。

クレジットカードのポイントをうまく活用しよう

クレジットカードというと、なんだか怖いというイメージをお持ちの方も多いかと存じます。おそらく、自分で利用額がわからないまま、好きなだけ買い物をしてしまった結果、支払いができなくなる・・・というようなことをイメージしているのでしょう。しかし、そのような心配はあまり必要ないと考えます。なぜならば、利用額の明細はリアルタイムまたは、翌日には確認できる場合が大半だからです。お手持ちの携帯やスマートフォン、パソコンから、カード会社にログインするだけで「どこで」「いつ」「いくら使ったか」の明細がわかるようになっています。そのため、利用額がわからないまま、という不安は払しょくされるでしょう。次に、好きなだけ買い物をしてしまって支払えないというケースですが、利用限度額はカード登録時に設定可能ですので、こちらも心配いらないでしょう。いずれの場合も、自分の資力の範囲内で買い物を楽しむことで、不安は軽減され、便利なクレジットカードを有意義に利用できることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です